スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理が得意な彼女(18)

SIDE REN

天然記念物的・純情乙女だったキョーコ。
その純情っぷりは未だ健在で『快感に対する許容量が小さい』という表現が適切かどうかわからないが、
俺が少し本気を出してキスするだけでオーバーフローを起こしてしまい、俺が与える快感の波に、俺の思うがさまに翻弄されてくれる。

俺は・・・キョーコから夢の反応が返ってくるのが嬉しくて・・・彼女からの反応が返ってこなくなるまで、行為を止めることができない。

(本当に何度も夢に見る程、君に焦がれていたんだよ? だから、許して?)

自分とは違う、本物の恋愛初心者のキョーコに対して、もう少し手加減しないと・・・とは思うものの、一方で、キョーコが意識を手放すのがあまりに早すぎる、と感じる自分がいる。

(なんだか俺の一人相撲みたいだよ。)

それでも、キョーコが目覚め・・・その最高に無防備な姿をみるにつけ・・・これを腕の中に囲うことができるのは自分だけなんだと、幸せを感じてしまう。

***

撮影は朝のシーンから始まった。

キョーコはプロ根性を発揮して『京子』として、俺の相手役を演じている。普段とは違う彼女。いつもなら、恋心がたっぷりと乗った甘えた表情なんて見せてくれないのに・・・。

自分が演じる『彼』に嫉妬した。だから、『彼』を『俺』にすり替えた。そして、キョーコはそれに気づいて・・・俺を拒絶した。

俺は本物の恋人なのだから、素で演じたって監督の意図に反するわけじゃない。
ダメージを受けている俺に、追い打ちをかけるように彼女から「演技をしてください!」と耳打ちされる。

俺と彼女の恋愛は・・・彼女は俺に会えなくても平気みたいだし、アノ時だって俺の一人相撲みたいだし、大体、好きって言葉だって、俺が散々、みっともない姿を晒して、やっともぎ取ったようなものだし・・・俺の片思いから、ほんの少ししか進んでいない、ような気がする。

(こうなったら意地でも素の俺に対して、市原監督を納得させる恋人の振る舞いをしてもらうからね。)

しかし俺のささやかな野望は、早々に彼女が『最上キョーコ』をわざと手放す事で潰えた。いつものプロ根性をもう少し発揮してくれてもいいのに・・・悔しい。

でも代わりに現れた無防備な彼女はそれはそれで可愛くて、口許が緩んでしまう。

(ここでガードを外したんだから覚悟はできてるんだよね?)

***

「はい、チェックOK」

朝パートの映像を見た。
ああ、俺ってこんな表情するんだ、これじゃぁ、社さんに「顔!」って言われるはずだ。

「じゃぁ、蓮とキョーコちゃんは、夜パートの準備ができるまで昼食を兼ねて休憩!」

日が傾いてからの撮影になるからゆっくりしてくれていいよ、と監督から声をかけられた。キョーコは普通に「分かりました」とにこやかに答えているけれど、普通なのが却って怖い。なんだか・・・もしかして凄く怒ってる?

「蓮!キョーコちゃん、お疲れ様~!俺は事務所に報告することがあるから、先にご飯食べてて!あ、せっかくだから、ホテルお勧めのお店を予約しておいたから!」

と社さんが、昼食に誘いに来たスタッフをかき分けて近づいてきた。そして、レストランの連絡先が書いてある紙を俺に押しつけて、脱兎のごとく消えていった。

「せっかく予約してくれたみたいだから・・・出かけようか?」

***

社さんが予約してくれた場所は琉球ガラスの工房に併設されているカフェだった。俺たちが来ると聞いて気を利かせて、他の席から死角になっている場所に席が作ってあった。

窓からは、カフェで出される野菜の畑が見え、その向こうに海が見えた。食事もとてもおいしかった。

「ハーブとかプランターで育ててみようかな。」

キョーコはここに来てから(すてき!)を連発し、すっかり上機嫌になったようで、食後に、こうやって畑の周りを散歩しながらニコニコしている。・・・社さん、グッジョブです!

「沖縄となると、建物だけじゃなく生えている植物も南国風で・・・なんかホント、別世界に来たようですね。」

「そうだね。」

嬉しそうな彼女をみて俺も嬉しくなってしまう。

「折角だから、ガラス工房ものぞいて見ようよ。」

彼女は素直に俺についてくる。ガラス工房・・・彼女が好きそうな物が詰まっているに違いない。

案の定、キョーコは店の外から見えるディスプレイを見ただけで、目がキラキラしていて。お店の中に入ると同時にメルヘンの国に旅立ってしまう。

店の中には観光客が数組いたが、俺たちを真っ先に見つけた工房の人が、商品の説明をしながら店内を案内してくれて、近づいてくる客をさりげなく遠ざけてくれる。

「お時間があるようなら、何か作ってみませんか?」

そのまま工房の奥に案内される。

「ここは一般の人の体験教室とは別ですから。」

そう言って、ガラスのコップ、お皿、とんぼ玉、色々な見本を見せられる。キョーコの目は完全にハートマークになっていて、

「すごいっ、私やってみたいです!」

俺たちは時間の許す限り、色々な物を作った。本当にそれが楽しくて・・・。

「こんな風にデート、キョーコと沢山したいな」

とつぶやいた。するとキョーコは(はうっ)と俺から目を背けた。

「なにかな?その反応?(キュラ)」

「あ、イエ、ちょっと光に焼かれて・・・」

と訳の分からない事をごにょごにょ言ったと思うと、困ったような顔をして、

「沖縄の・・・こんな風に心遣いが行き届いた場所だからできたことで・・・東京だと人目があって無理ですよ?」

と答える。

「俺は、キョーコと色々な場所に一緒に行って、色々な事を一緒にやりたい。恋人として堂々とデートしたい。君に覚悟がないっていうのを尊重するつもりだけど、今日、キョーコが楽しいと思った気持の何十倍も俺がこのデートで幸せになっている、それだけは覚えておいて?」

俺の正直な気持を告げる。

「そうですか。」

キョーコからは、なんとも色気の無い返事が返ってきて、俺はがっかりしてしまった。

料理が得意な彼女(17)

SIDE KYOKO

撮影は朝のシーンから始まった。
私は女優として、市原監督が納得する演技をしたい。目の前の『彼』の『彼女』になりたい。

(大好きな彼と素敵なリゾートホテルで、一晩を過ごした朝。この二人が会うのは久しぶり・・・)

役作りの参考にした背景を頭の中で反芻する。昨日はいきなりの内容変更に動揺してしまったけれど、私は女優。相手が敦賀さんであろうと、芝居が始まれば『彼の恋人』役を立派に演じきってみせる!

「アクション!」

ベットの上で『彼』と向かい合い、キスをするために徐々に顔を寄せる。あと数センチで唇が触れるという時に、目の前の『彼』が「キョーコ」と、いつもの様に私の名前を呼んだ。

(敦賀さん、なんで素のままなんですか・・・!!!)

目の前にいるのは『素の敦賀蓮』。それを理解した瞬間、憑かせている『彼女』が私から抜けるのを感じた。

(こんな大勢の前で!素の「最上キョーコ」のままキスをするなんて破廉恥~~~!)

私は、咄嗟に敦賀さんを突き飛ばしていた。

「キョーコちゃん!何やってるの!」
市原監督の声で我に返る。

「も、申し訳ありません!」
思わずベットから飛び降りて、土下座した。

「落ち着いて、キョーコちゃん。土下座も反省も、次に蓮を突き飛ばさなければ・・・しなくていい・・・演ってくれるね?」

市原監督の言葉に、私は覚悟を決めた。今回も監督を失望させる訳にはいかない!

***

「はいカット!蓮は良かったけど、なんだかキョーコちゃん・・・少し固いんだよなぁ・・・。まぁ、まだ時間もあるし、もう1回、撮っていこうか!」

(もう駄目です~!)

私は心の中だけで叫ぶ。あれから、羞恥心を気合いで押さえつけて撮影に臨んでいるけれど、監督を納得させる演技ができない。

(だって、演技できないんだもの~!)

撮影の合間に、敦賀さんに「ちゃんと演技してください!」って耳打ちしてみたものの「俺はちゃんと演技しているから・・・素だったらキスだけじゃ・・・終わらないよ?」と囁かれ・・・見事、返り討ち(?)に、あってしまった。

(でも~、あれを相手にすると、私が素にもどって演技をさせてもらえないの~!!)

・・・あれ?
演技させてもらえない?そうか。その手が残っていたかも。
この際、私の女優としてのプライドより、監督の納得する絵を提供することを優先させなくっちゃ!

(最終手段・・・こうなったら、敦賀さんの操り人形になって演技させてもらうしかない!!!)

そうするべきだ、と頭の中で声が聞こえる。そして私はヤケクソになって演技の方向性を変え・・・敦賀さんにされるがまま・・・になることにした。

「はいカット!
いやぁ~!キョーコちゃん!今回はすっごくいい感じだよ! で、蓮!お前は凄いことになっているんだな~!この際、絵コンテはもう無視!蓮が思う『朝の挨拶』を演ってみてくれよ!」

という監督の声が・・・やけに遠くに聞こえる。

(一応、OKがでたのよね? ----よかった。)

それから・・・後ろから抱き締められたりとか、上に跨がされたりとか・・・何パターンか撮って・・・その度に「蓮!キョーコちゃん!最高!」と監督に声をかけられた・・・ような気がする。

気がつくと、朝パートの撮影が終わっていて、敦賀さんに「大丈夫?」なんて声を掛けられていた。

この『気がつくと』・・・っていうパターン、私は良く知っている。どんな風に私が振舞っていたのか・・・確認するのが、なぜか怖くなった。

料理が得意な彼女(16)

SIDE KYOKO

ある意味、神の悪戯、天の災い。そんなフレーズがぴったりなこのロケ。

夜の帝王に体に巻きつかれて・・・監督達が居る前で!敦賀さんを「蓮」と呼ぶ事を強要された。そんな異常事態なのに、監督達も平然と打合せを続ける。

(完全にアウェーだわ!信じられないっ!)

打合せが終わった後も、バーに居続けて、人目があるにも関わらず「撮影の一環ですから」とお店の人を言いくるめてベタベタと触りまくり。しかも、フレンチキスまでしてきた。

(止めて下さい~、それをされると私は意識が飛ぶんです~!こんな敵陣の真っただ中で意識を失ったら、それは大変な目に~!)

とジタバタしていた所で意識が途切れた。気が付くと、敵陣の真っただ中で意識を失った代償を払わされてた後で、なんと敦賀さんと一緒にお風呂に入っていた。どうしていつも「気が付くと」こうなんだろう・・・?

「どうした?」

余裕の微笑みに、何だか腹が立った。人前でベタベタしてきた事や、今回も良いようにされてしまった事など諸々に。でも、体はだるいし怒るのも億劫に感じて、だらんと体を敦賀さん預ける。

「幸せだな。」

敦賀さんがつぶやく。その甘ったるい声をきいたら・・・敦賀さんが幸せなら、まぁいいか・・・と思えて急になんだかフワフワした気分になり眠ってしまった。

続きを読む

料理が得意な彼女(15)

SIDE REN

社長の計らいで、最上さんと俺の部屋はコネクティングルームとして使える隣同士の部屋が用意されていた。間を仕切るドアのカギは、事前にセバスチャンさんから渡されていた。

本当は、今日中に沖縄入りできるかどうか微妙だったスケジュール。でも、今回の撮影のコンセプトが変更されるかもしれないと連絡が入り、そして新企画の内容が明確になるにつれ・・・社さんが失礼な危機感を募らせて必死になって調整し始めた。

(飢えた蓮とキョーコちゃんがこんなことしたら・・・蓮の理性がプチっと切れて、公衆の面前であわわわわ・・・・お願いだ蓮!スケジュールは何とかするから、前日にキョーコちゃんを補充しておいてくれ!)

まったく、信用が無いな、と思いつつも、これから久しぶりに彼女に会えると思うと、緩む顔をどうしても締める事が出来ない。ホテルに着くと・・・なんだか、彼女の気配を感じて、体がザワザワしてしまう。部屋に着くと・・・彼女が隣の部屋のどこにいるか・・・分かる気がする。

社さんに以前、化け物め、と言われた事があったけど、キョーコに関してはそうなのかもしれない、いやそうありたい、と思う。彼女が(多分)バスルームで何やらしている間に、静かに2つの部屋の間の扉をあけ、死角に忍び込む。

本当にバスルームにいるし・・・と自分自身に少々呆れつつ。俺は夕飯前に、キョーコを補充することに成功した。

久しぶりに彼女と食事を食べ(スタッフもいたけどね)、俺の機嫌はこの上なく良い。
食後、監督からはバーで少し仕事の話をしようや?と誘われたので、俺とキョーコ、そして監督は少数の中心スタッフとともに向かった。

***

「噂は聞いていたけど・・・いやぁ、まさかコレ程とはね。」

市原監督がソファから身を乗り出してまじまじと俺を見つめ、ふふん、と笑った。

「ま、これで前回の企画はボツ。今回は新企画の方で行くからよろしく!」

「あの、新企画のお話、私は聞いていないのですが。敦賀さんはご存知なのですか?」

キョーコは困惑している。実は社長が手を回して、新企画の内容は彼女に伝えられていない。バレると京子が逃亡するかもしれない、と念には念が入れられていた。

「あれ?椹さんから聞いてないの?でも女優としても女性としても成長した最上さんなら大丈夫だよ。」

俺は惚けて答えた。

「申し訳ありません、初めて聞きました。」

と、頭を下げて申し訳なさそうにする君は、きっとプロとして恥じているんだと思う。ごめんね?

「まぁ、いいよ。前回のままで行くかどうか迷っていると伝えていた俺にも責任があるし。今から説明するから。
------今回の企画のテーマは恋人たちの休日。」

監督が続けて説明する。

「まずね、場面は夕方か夜でスタート。彼氏がデートの待合せ場所に颯爽と現れて彼女と濃厚なキス。次に場面は朝になって、彼女は彼氏が昨晩着ていたシャツだけを着た状態、彼氏は、上半身は裸でズボンだけ穿いている状態でベットでキスしているところからスタート。そこから、彼氏がベットから降りて、素肌にシャツを羽織ったところで、アールマンディのロゴがフェイドインしてCM終了。OK?」

「あ、あ、あ、あの、彼氏と彼女って・・・」

「蓮と君ね」

監督の言葉にキョーコが、ピシッ、パッキ、と音を立ててフリーズした。そんなキョーコを置いてけぼりにして、監督が続ける。

「だってさ、こんな風に『惚れた女を抱いてます』ってオーラを振りまいてる蓮に彼女が居ない役なんてさせられないだろう?まぁ、蓮なら前回と同じ内容でも上手く演じるとは思うけど、彼女がいる設定の方が断然いい絵が撮れるって。
------ということで、キョーコちゃんは蓮の彼女役で、蓮に色っぽい顔をさせるのが仕事ね?よろしく頼むよ!」

キョーコが変な汗を流している。なんだか本当に氷が溶けるみたいだな、と感心していると。突然立ち上がって、ぶわぁ~と滝の様に涙を流し、

「そんなの無理です~! は、破廉恥です~!」

と叫んだ。俺を除いた全員がその声量に驚愕している。さて、ここからが俺の罠の掛けどころ。

「最上さん、これはお仕事だからね?キスシーン、初めてじゃないだろう?」

「む、む、無理です~。だって、プライベートを・・・」

と言いながら、急に電池の切れたオモチャのように動かなくなった。監督が訝しげに、

「プライベートがどうしたって?」

と訊ねた瞬間、キョーコの目がキラリと光った。

「いえ、あまりにプライベートでは起こり得ない状況で、急にお話を頂いて・・・上手く演技ができる自信がなくて。」

上手く切り返す彼女に、女優としてスキルが上がったね、と感心する。でもこれは俺へのチャンス。

「じゃぁこうしよう。このロケ中、カメラが回っていなくても最上さんは俺の恋人のフリをする事。そうして練習すれば、本番も上手くやれるんじゃないか?」

ニッコリと微笑む。彼女はまたピキッと固まった。

「そんなに硬くならなくても大丈夫だよ。俺には愛しの彼女がいるって君も知っているだろう?ここに来る直前にも彼女をしっかり補充してきたからね。君を本当の彼女と間違えて襲ったりしないから。 」

そういって、彼女が似非紳士スマイルと呼ぶ笑顔を最大出力で張り付けた。言外に、断らないよね、とたっぷりと含ませて。

「うううぅ。」

「はい、沈黙は肯定。では監督、時間も無い事ですし、俺達はこれから恋人モードに入りますが不自然な所があったらどんどん指摘してくださいね。じゃぁ、引き続き打合せをお願いします。」

俺は彼女の腰に両手をまわして引き寄せ、ぴったりと体を寄せて頬に軽いキスを落とす。「ちょ、何するんですか!」と逃げようとする彼女を「キ・ョ・オ・コ?」とワザとらしく名前を呼ぶ事で制し、人前で腕の中に収める事に成功した。

まずは人前で恋人のように振舞うことに慣れさせないと・・・ね、キョーコ?

料理が得意な彼女(14)

SIDE KYOKO

明日からアールマンディのCM撮影ために沖縄入りする。

前回・・・私の演技は監督の求めるクオリティーを満たすことができず、私の仕事は無かった事になった。ずっと心に残っていた悔しい経験。いつかはリベンジ!!と思っていた。

だから『前回と同じ監督、同じ内容』のオファーが来た、と聞いて二つ返事で依頼を受けていた。この時・・・間もなく敦賀さんと恋人関係になる・・・とは夢にも思っていなかった。

この仕事で、久しぶりに敦賀さんに会う事になる。
どんな態度を取ればいいのかな?と再会の事を考えると場所をわきまえず「ギャー」と叫びたい気分になったけれど、とにかく明日からの仕事の前に、まず今日を完璧に!!そう思い、仕事モードにギアを入れた。


***


午前中で仕事を終えた私は、夕方には現地入りしていた。準備をしているスタッフさん達に挨拶し、明日からのスケジュールの最終確認をする。(ラブミー部員の私は未だマネージャーが付いていない。)すると、現場を見回っている監督を見つけた。

「市原監督!お久しぶりです、明日からどうぞよろしくお願いします!」

私は気合いを入れて挨拶をした。

「おお!キョーコちゃん、久しぶり!こちらこそよろしくだ!いやぁ~君は随分売れっ子になってしまったね。それなのに、名前が出ないオファーを良くぞ受けてくれたね!」

「同じ企画と聞いて受けない訳にはいきませんよ。今回は監督が納得する演技を披露できるよう、精一杯がんばります!」

「ふふん、期待してるよ~!あ、でもね、内容が変更になるかもしれない、って聞いた?」

「え?あの・・・」
前回と同じ内容としか聞いていなかった。

「あれ?LEMにちゃんと伝えたはずなのに。まぁ、変更するかどうかは蓮次第だから、取りあえず、蓮が来てから話そうや。」

前回と同じで行くかもしれないしね、そういって監督は去って行った。


***


敦賀さんは、相変わらず忙しくて、最終便で日付が変わる頃にホテルに着くか、最悪、明日の始発便で現場入りすると聞いていた、のに。

何故か!まだ日が暮れたばかりの時間に!私の部屋で!私に跨っていらっしゃいます。
敦賀さんを部屋に招き入れた覚えは無いのに、急に部屋に風が入ってきた?と、と思ったら視界がぐるんと回ってベットの上に縫い止められていた。

「久しぶり!会いたかった。」

そういって、夜の帝王顔でキスを落としてくる。気付いたら朝、なんて洒落にならないので、私は精一杯の抵抗として、

「お夕飯はしっかり食べたいんです~!」

と叫んだ。すると、

「君は色気より喰い気・・・なんだねぇ?」

と低く呟くと、夜の帝王に大魔王までも降臨させていた。こ、怖い。コレには逆らっちゃいけない、と本能が告げる。ふ、服従の証を態度で示さないと!尻尾を振るんだっけ?いやいや足の間に挟むんだって!根本的に違うから!人間には尻尾はないから!

そんな・・・本当にどうでもいい事を考えていた一瞬で・・・私の服は全部剥ぎ取られていた。

***

「・・・うん?」

気が付くと、何か暖かい。目を開けると、敦賀さんがニコニコしながら、暖かいタオルで私の体を拭いていた。

「ごめんね、時間が無いから簡単で。夕飯を食べに行くんだろう?お風呂は帰ってきてからちゃんと入ろうね?」

そういって、手早く私に服を着せている。敦賀さん・・・あなたって人は、服を脱がせるだけじゃなく、着せるのも得意なんですね。無駄な才能・・・あぁ、病人の介助とかに役に立つわね・・・とぼんやり考えていると、

「さ、沖縄料理が待ってるよ!」

そう言って、まだボーっとしている私をギュッと抱きしめ、耳元で(ごめんね?)と囁いてから、私の手を引いて部屋を出た。相変わらず、ずるいオトコノヒトだな、と思った。

プロフィール

Author:Agren
本家のストーリの進行のじれったさに、素敵な2次小説サイトを巡って熱を冷ましていましたが・・・とうとうを自分自身で妄想を開始しました。
2次は愚か、小説初挑戦です!



スキビ☆ランキング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。