スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の計画&お返事

会いたくてが終了し、今度はどんなお話を書こうか・・・妄想中。

またもやパラレルで、大学院生のキョコさん&久遠ヒズリ助教授、とか、
ファンタジーで亡国のお姫様のキョコさんと皇帝蓮様とか。

とりあえず、前半に当たる位の量は、一気に書いておかないと、話の流れが自分でも作れないので、そのうちにどちらかの話を大量投降します。

それまでは、やっぱり「会いたくて・激アマVer」でも書いてお茶を濁しつつ・・・。



みぃ様 オマケの中の蓮様は、純情ぶっていたのに、陰で思っていた事が筒抜けだったので、開き直ってしまったのです。だって仕事バリバリな設定&生まれが生まれですから、策略なんて子供のころから日常茶飯事、朝飯前なんです!。取材旅行・・・当然、付いてきます!!むしろ、キョコさんを言いくるめて、自分の出張先にキョコさんを連れ回すハズです。会えない日が続こうものなら、プライベートジェット飛ばして迎えに行って、お持ち帰りの途中でつまみ食いですよ!!

ネムコ様 私の中で、つじつまが合わなくなってきたら、すべて社長の陰謀ということにしてしまう・・・彼は便利屋状態です。

ゆずママ様 私も料理・・・の9話大好きです。Agrenは、とにかく!キョーコさんへの恋心を切々と語る蓮様が大好きなんです。続き・・・考えてますよー。だって、9話で蓮様が「キョコさんが初恋、でもキョコさんは気が付いてない」って語らせちゃいましたから!キョコさんは、「お、思い出さないと恐ろしい事が起こるわ・・・」と、今頃、うろたえているはずなのです。その辺から、お話が膨らんでます。


瑞穂様 甘々Ver、やっぱりちょっと書いてみます!!次の妄想が形を得るまでのつなぎに・・・

TOMCAT☆様 実は、TOMCAT☆様の前のコメントを読んで「オカノさん視点」を思いつきました。私もプライベートジェットなんて乗った事ないので、ちょっと、あれ?と思われるところもあるかもしれませんが・・・笑い飛ばして楽しんで頂ければ!と思います。




本当は拍手SSとかにしたかったのですが、FC2拍手の設定が良く分からず、ここに。この前の雑談で触れた小話です。もう、消去されるだけの運命だと思うと少々しのびなく・・・


---奏江さん返り討ちにあう---

SIDE KYOKO (トルコ出張依頼前)


今週末は奏江さんと撮影旅行に来ている。

(正直、敦賀さんのアノ気持ちを知っちゃうと・・・二人だけの週末って息苦しくて・・・助かった~。)

まずは ちょっとした観光をしながら風景写真を練習。ポートレートやマクロ撮影するコツを説明すると・・・奏江さんってば、飲み込み早い!!流石~(はぁと)すぐに良い感じの写真が撮れるようになった。 旅館にチェックインしてからは室内写真と夕飯を相手に、室内物取りの練習をしてみた。

そして、二人でまったりと温泉に浸かっている。

「はぁ~生き返る~。こんな素敵な温泉付きの離れがある宿なんて・・・よくいきなり「今週末」とかで予約が取れたのね?」

「だって、ここ・・・ヒズリホテルズの持ち物だもの。社長にアンタと旅行に行くっていったら、電話1本で用意してくれたわよ」

「ふわぁ~、ホテルだけじゃなくて、旅館もあったんだ・・・ホテルしかチェックしてなかったわ」

「ヒズリホテルズが持つ宿泊施設は世界中にあって、その数は522」

「凄ーい!」

「でもね、ヒズリグループ全体でみれば、ホテル事業だって一部でしかないのよ?」

「凄ーい!」

「そして、ウチの社長はそのヒズリグループのたった一人の後継者」

「凄ーい!」

「現在、恋人募集中」

「凄ーい!」

「キョーコみたいに、頑張り屋で仕事に対するプロ意識が高い女性が好みらしいわよ?ううん、むしろストライク、みたいな?」

「凄ーい!」

「・・・アンタ、さっきから(凄ーい!)しか言わないじゃないの!」

「あはは、ホントだねぇ」

(キョーコと旅行に行くっていったら、社長が「羨ましすぎる・・・」って、溜め息をついてて。その姿がなんだか哀れを誘うっていうか、旅行期間中に社長の気持ちのアピールをしてあげなきゃ、って気持ちになったのに!なんで、こう脈無しな感じなの~!キョーコの男を見る目ってどうなってるのよ!!)

(奏江さん・・・いつの間に「敦賀応援団」に回ってしまったのかしら? 
 女優になるのよ!キョーコ!私は敦賀さんの気持ちに気付いちゃいけないんだから!誤魔化しちゃえ!) 

「そんな事より・・・奏江さんの入浴姿とても綺麗なんだけど・・・写真とってもいい?背中から、上半身しか写さないから。」

(そんな事よりって・・・って、今何ていったの?この子!?)

「ちょっ、アンタなに言ってるのよ!」

「ヌード写真は立派な芸術作品よ? 奏江さん綺麗だから・・・」

「/// 絶対駄目!ありえないわ!ちょっ!アンタなに風呂から勝手に上がってるのよ!?カメラを取りに行ったら承知しないんだから~!!!」

(聞こえませ~ん)

危ない危ない・・・。
奏江さんも敦賀さん側に回ったとなると・・・敦賀さんと意識的に距離を置く事を真剣に考えないといけないわ・・・私はそう思い始めていた。

(続き、ません)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Agren

Author:Agren
本家のストーリの進行のじれったさに、素敵な2次小説サイトを巡って熱を冷ましていましたが・・・とうとうを自分自身で妄想を開始しました。
2次は愚か、小説初挑戦です!



スキビ☆ランキング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。