スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理が得意な彼女(3)

SIDE KYOKO


無事に(?)ロケを終え、東京に戻ってきた。モー子さんの衝撃発言を聞いてから・・・すこし意識して周囲を見渡す事にしている。モー子さんによると、光さんとか、山下さんとか、土屋君とか、他にも色々、お、恐れ多くも不肖最上キョーコごときを彼女にしたいと思っている芸能人がいるらしい。

みなさん・・・私を彼女にしてどうするんだろう?うーん。こんなに地味で色気のない女を連れて歩いても自慢にもならないのに・・・。そこで、ふと芸能人ランキングのコメントを思い出す。

『第3位 京子:圏外からの初のランクイン。キュートな笑顔と芸能界随一と評判の料理の腕に人気集中!彼女の手料理が食べたい~!』

「そうか~。「食欲」は人の三大欲求だもんね!!!」

皆、私を彼女にして手料理を食べたいんだ・・・そう思うと、妙に納得してしまった。確かに、私の料理の腕は老舗高級旅館の板長仕込みだから・・・それなりだと思う。某バラエティー番組では料理コーナーだって任されている。

「敦賀さんの代マネをしたときに病人食とかいろいろ作ってあげたっけ・・・。」

普段、何とかインゼリーとかしか食べない人が、人生で初めて風邪を引いて弱っている時にそこそこ美味しい病人食なんて食べさせてもらったから。きっとそれで、ほだされてしまったんだ。

そう思うと、モー子さんの『敦賀さんが私を好き』って主張するのも納得することができた。
モー子さんは・・・敦賀さんが私を好きで、私を彼女にしたいんだ、と言っていた。それも、長い間。

恋だの愛だの、そんなバカらしいものをする気にはならない、
という気持ちは正直変わっていない、と思う。

でも、もし本当に、あの食欲中枢が壊滅的な状態のあの人が、私の手料理を食べたいと切望していると言うのなら、好きなだけ食べさせてあげて、まっとうな食生活を送れるように改善してさしあげるのは・・・私の使命であるような・・・気がしてくる。まだラブミー部に籍がある以上、人に喜ばれる事を率先してやらないといけないし!

ほら言うじゃない?野生動物に餌付けをしてしまったら、無責任に放置せずにちゃんと面倒をみてあげるように、って。最近良く聞くようになった「食育」って言葉をぼんやりと思いだす。

「再教育できるかしら?いえ、して見せますとも!の最上キョーコの名に掛けて!!」

私は立ちあがってギュッとこぶしを握り締めた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Agren
本家のストーリの進行のじれったさに、素敵な2次小説サイトを巡って熱を冷ましていましたが・・・とうとうを自分自身で妄想を開始しました。
2次は愚か、小説初挑戦です!



スキビ☆ランキング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。