スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Act.169続き

(投稿後、約1時間で5か所の間違いを発見・・・すいません、直しました。)

次号はお休みなんですね・・・こうなったら、続きは自分で妄想するしか。今回、蓮様がリックを慕う気持ちを思って切なくなっちゃいました。「神に背いてもいい」ほど恋しいキョコさんに手をだせない蓮くん。きっとリックは彼にとって神以上に逆らってはいけない存在なんだろうな・・・

コミック派の人は逃げてください。注)誕生日プレゼントをねつ造してます。



SIDE KYOKO

心の持ちようでは解決できない事は、魔法の助けを借りて乗り越える----それが私の信条。

***

「・・・居ようか 一緒に・・・・」

敦賀さんから誕生日に頂いた「クイーンローザ」様から出てきた「プリンセスローザ」様を差し出しすと、彼が何か吹っ切れたような表情して受け取ってくれた。

(魔法の力を信じても良いかと思ってくれてる?)

「でも・・・俺がこれを身につけるのは無理があるから・・・ちょっとまってて?」

そう言って、寝室の方に行って・・・持ってきたのは、

(私があげたバースデープレゼント!!!)

私!敦賀さんの誕生日に『携帯用・枕』に『最上キョーコオリジナル枕カバー』を付けて渡しました!敦賀さんが枕がないと眠れないっていうから!日頃お世話になっている敦賀さんが喜んでくれそうで、私にも買えるものといったら・・・これしか考え付かなかったの!!

カバーには妖精の羽根のイメージした刺繍を施しあって、マジックテープで「妖精コーン人形」を側面に付けると、まるで妖精コーンの羽根に頭を乗せて眠れる・・・ような仕掛けになっている。今思うと「私」なら安眠間違い無しの「私の趣味丸出し」の枕!!

(いやあぁ!今更ながらに恥ずかしい!!!!)

「この人形、妖精のコーンをイメージしてるんだろう?この人形にプリンセスローザのネックレスを掛けて、持ち歩く事にするよ。そうすれば魔法効果・・・倍増?」

そういって、人形とプリンセスローザ様をまた一緒に渡される。

「あの・・・」

「最上さんが、魔法を掛けてくれる?」

「え?」

「プリンセスローザ様に俺の事も「よろしく」って、お願いしてくれるかな?最上さんが思った通りでいい、俺に魔法がかかるように何でも良いから唱えてみて?」

敦賀さんは神妙そうな面持ちで私と、プリンセスローザ様とコーン人形を見ている。

(冗談を言ってるような雰囲気じゃない・・・)

「えっと・・・あ、はい、ちょっと待ってて下さい」

(せっかく敦賀さんが魔法の力を信じてみようって気になっているんだから!心を込めてやらなくちゃ!)

目の前のサイドテーブルにコーン人形を座らせて、私は佇まいを正した。目を閉じて精神統一する。

----魔法の言葉は決まった。

***

横に座っている敦賀さんの視線を痛いほどに感じる。

「プリンセスローザ様・・・どんな不運に見舞われても負けないような幸運を、あなたを身に付けるコーンに運んでください」

そういってコーン人形にプリンセスローザ様を掛ける。そうしてコーン人形に向かってお願いする。

「コーン、プリンセスローザ様の幸運に、さらにあなたの幸運を重ねて、敦賀さんの元を訪れてください。敦賀さんが・・・どんなシーンでも演り遂げられるよう、いつの日も幸福であるよう、無限のパワーを授けてください」

最後にぎゅーっとコーン人形を抱きしめてみた。

「最後に僭越なが最上キョーコパワーも足しときました。私如きの力なんて微々たるものですが、魔法を信じるパワーだけは敦賀さんに勝てる自信がありますからね!」


SIDE REN

----幸運よ再び。さらなる幸運を連れて久遠の元へ訪れよ。いつの日もクオンが永遠に幸福であるために----

***

最上さんが、俺の為にかけ始めた魔法が・・・リックが掛けてくれた言葉に重なる。

(リック・・・)

最上さんにリックのあの日の姿が重なった。
俺がリックを思い出すときには最後の姿が殆どだったのに・・・リックが俺を温めてくれた数々の思い出達が鮮やかに蘇る。

(いつでも俺に自力で生きていける場所を見つけるよう、勇気と希望を与えてくれたリック・・・)

「あの?敦賀さん?・・・魔法、掛けて終わりましたよ?」

一瞬、完全に意識が飛んでしまっていた。最上さんの声に我に返ると、心配そうな顔の彼女が、プリンセスローザのペンダントを掛けたコーン人形が差し出していた。

「あ、ありがとう」

最上さんと一緒に居ると、リックの事を忘れてしまいそうで・・・怖かった。でも、彼女は同時に・・・リックを再び俺の元に連れてきてくれた。

(これが、魔法の力なんだね・・・リック)

最後まで俺を闇の中から救い出だそうとして・・・倒れてしまったリック。そのリックが、情けない俺を心配して・・・最上さん魔法の力を借りて再び俺の所に来てくれたような気がした。

(俺・・・いつからこんなに自分に都合のいい考え方をするようになったんだろうな・・・)

----彼女さえ一緒にいてくれればクオンの闇に勝てるし、リックの事も忘れない

そんな確信を持ってしまった。

***

最後に最上さんが「コーン人形」・・・あれは「俺の分身」を抱きしめてくれたのが嬉しかった。

「今日は、最上さんに抱かれて眠る事にするよ。きっと・・・明日の朝にはすっかり魔法がかかっている気がする」

そういって、コーン人形と枕を抱きしめてみせる。

「なんでっ!そんな「いかがわしい」言い方をするんですか!『今夜は私が差し上げた枕を使う』と言えば良いじゃないですか!!」

「あぁ、そうだね」

最上さんが、まったくもう敦賀さんはいつもわざと誤解をさせるようなもってまわったいいまわしをするんだから・・・とぶつぶつ言っている。ふと、時計を見るともう1時を過ぎている。

「さぁ、もう遅いから・・・下宿まで送るね?」

「なっ!今日、病院送りになったって自覚があるんですか!?私はタクシーで帰りますから、今夜は早々に「プリンセスローザ様とコーン」の魔法に掛けられてください!!」

「そんな・・・夜遅くに女の子を呼びつけて・・もし帰りに何かあったらと思うと俺は心配で寝られない。すると魔法が掛からない・・・」

俺の言葉で、最上さんが固まって・・・両者一歩も譲らずという状態になってしまった。そこで俺は名案を思いつく。髪をグシャグシャと乱して雰囲気を変えてみせる。

「・・・ねぇ、セツカ?今夜だけ・・・兄さんを抱いて眠ってくれないか?」

最上さんがビックリした顔をしていたけけれど・・・すぐに、その表情が変わる。

「くすっ。兄さん、随分甘えん坊ね?いいわ、今夜だけは特別・・・アタシが腕枕してあげる」

そうして、俺は本当に最上さんに抱かれて眠るという、幸せな状況を手に入れた。

(---最上さん・・・リック・・・ありがとう・・・俺はB・Jを絶対に演り遂げてみせるよ・・・)



SIDE KYOKO

「はっ、はっ、破廉恥~!! はっ、離してください~!!」

私は朝から、最大音量で叫んだ。

寝る時には私が敦賀さんを「軽く」抱きしめるように眠りに付いたはずなのに!朝起きたら、敦賀さんの長い腕と足がしっかりと私の体に巻きついていた。し、しかも!手はお借りしたパジャマの中に入り込んでいて直接、背中からわき腹に回っていて、そのお顔を!私のささやかな胸にうずめ寝ていらっしゃる。

「素敵な目覚ましを・・・かなり効くね」

一旦起きたらしい敦賀さんが、また果てるように脱力してしまった。アナタは重たいんです!意思をもってこの腕を外して下さらないと私は身動きがとれないんです!!

「冷えた身体に体温を直接、分けてくれてありがとう」

あんなトラブルに巻き込まれて、不安で怖いんだろうと思って・・・情に流された私が馬鹿だった!!

「わ、私、もう絶対に敦賀さんとは絡みません~! 優しく甘えておいて!!一体なにをされるやら~~!!」




はやく蓮様が幸せになれますように。
スポンサーサイト

Act.168続き

キョコさんのお誕生日に間に合わなかったけど・・・誕生日記念に続きを妄想しました

SIDE KYOKO

敦賀さんが、何かと闘っているみたいにオムライスを食べるから・・・傍観なんてできなかった。

***

敦賀さんが『マウイ』オムライスの最後の一片を口に押し込んで、テーブルに突っ伏したと思ったら・・・そのままの格好でリビングの床に崩れ落ちる。

「大丈夫ですか!?」

私は慌てて駆け寄り、声を掛けるけれど返事はない。

(一見、意味不明な行動なんだけど・・・もしかして・・・)

とりあえず、背中をさすってみる。しばらくすると、少し顔を上げ、

「最上さんこそ・・・大丈夫?」

やっと口からでた言葉は私の心配。なんだか元凶を作った敦賀さんに言われると変な感じだけど・・・私は敦賀さん程のダメージは無い。だって、オムライスの量も敦賀さんに比べてたらまだ少なめだったし。それに、普段、何とかインゼリー1個だけで済ませる敦賀さん比べて、私は朝・昼・晩、しっかり食べるから、味はともかく、量としては、何とかなった。

「はい、なんとか大丈夫です」

「そう・・・良かった」

敦賀さん、そのまま床に仰向けになる格好にゴロンと転がった。

「・・・うっ」

苦しげに目を閉じていて・・・額には脂汗がじっとりと滲んでいる。本当に苦しそう・・・。

「敦賀さん!その格好は良くないです!食べ過ぎた時は右のわき腹を下にして、横向きに寝ると良いんですよ!」

胃の形って半月型になっているから、丸いカーブの方が下向きになるように寝ると負担が掛からないって聞いたことがあった。

「そう・・・でも・・・」

「でも、何なんですか?」

「・・・俺、枕がないと、横向きじゃ寝られない」

***

「高さ・・・大丈夫ですか?」

「ん、丁度いいよ」

枕が無いと横向きに寝られないって敦賀さんが言うから、急いで寝室に枕を取りに行こうとしたら、がしっと足首を掴まれて、

「最上さん、待って・・・お願い、膝枕・・・」

そう言われて、私は恐れ多くも、また膝を敦賀さんの為に貸し出している。

(私は、今、最上キョーコではなくて、最上枕、、枕キョーコ、キョーコ枕、キョコ枕・・・あ、これが一番しっくりくるかも・・・と、とにかく無心よ!今私は「キョコ枕」なんだから!)

そうやって私が暫らく精神統一に集中していると、いつの間にか敦賀さん・・・眠ってしまったみたい。額にそっと触れるとさっきの汗が引いていた。

多分・・・あの「怪物」オムライスは、きっと何かの象徴で・・・それを敦賀さんが食べることが「攻略」して「やっつけ」る事なんだろうけど・・・私にわざわざ横8の字を書かせた事に何の意味があったのかな? 私に頼みたかった事はそれだけじゃなかったらしいけど、敦賀さん寝ちゃったから・・・結局、私は何の力にもなっていない。

(今、何時かな?)

身をよじって時計を見ると、AM1:00を回っていた。なんだか時間を意識したら急速に眠くなってきた。だって、今日は本当に沢山の事があって・・・ホント疲れ・・・ちゃった。


SIDE REN

(立ち上がれクオン!)

リックが元気だった時の言葉を思い出し、俺は未来を自分の為に生きようと決心した。そうして最上さんに電話を掛け直す。決してリックの事を忘れる訳じゃない。でも、俺を包んでくれたあの温かい手、そして光・・・それに身を任せる幸せを・・・俺は知ってしまったんだ。

***

どんなに不味いオムライスでも、きっと父さんなら2,30人分位はペロッと平らげてしまうだろう。俺にはそんな気が遠くなるような量は・・・最上さんが作った美味オムライスだって無理。

だけど・・・最上さんの手でオムライスに∞(無限大)と書いてもらえれば、このオムライス1人前(?)で、無限量のオムライスを食べたことになる「おまじない」が掛ったと思う事にした。だって、彼女の手は・・・俺に関しては「魔法の手」になるから。

----『無限マウイ』オムライス。これは、俺が越えなければならない色々なモノ達の象徴。両親やリック・・・そして昔の俺自身。

でも最上さんが一緒なら、きっと食べられるし、食べてみせる。

***

(AM2:00・・・か)

最上さんの膝の上が気持ちよくて、不覚にも本当に眠ってしまったみたいだ。最上さんも俺に膝を貸したまま、寝てしまっている。相変わらず可愛い無防備な彼女の寝顔。しばらく見惚れていてふと気付く。

(俺・・・『無限マウイ』オムライス食べたはずなのに・・・もう全然苦しさが残ってない)

俺の小食って・・・もしかしなくても、精神的なものだったみたいだ。だって、俺の心の闇を打ち払ってくれる最上さんにこうやって触れていれば、すっかり消化できるんだから。俺の体は、俺の心よりホント正直だ。

(あぁ、もっと深く、深く、君に触れたいよ)


SIDE KYOKO

・・・?

浮遊感を感じて意識が浮上した。私、抱きかかえられて運ばれてる?えっと、そうだ、敦賀さんの家でオムライス食べたんだっけ?それで、膝枕して・・・そのまま、また寝ちゃったんだ。

敦賀さんに抱きかかえられて運ばれている、と理解できたけど、酷く体だるくて、目を開けるのが面倒臭くて、そのまま寝たふりをして運ばれる事にした。

(ゲストルームに連れてってくれているのよね?)

風を感じる。きっとゲストルームのドアが開いたんだ。そのまま、今度はゆっくりと柔らかい場所に下される。

---トサッ

敦賀さんちのベットって、高級だから横になるとすごく気持ちいい。それに良い香り・・・敦賀さんの香りがする。敦賀セラピー効果だ・・・気持ちいいんだけど、思考能力が無くなって・・・もう、とにかくホント眠くてしょうがない。

***

息苦しさを感じて、再度意識が浮上する。

(なんか苦しい・・・)

口が塞がれてるんだ・・・そう認識してから、憎っくきショータローとのキスを思い出して、思わず飛び起きようと・・・できない!?

(体動かない・・・金縛り・・・?)

でも、目の前に飛び込んできたモノに驚愕した。

(敦賀さんの顔が近い!っていうか、っていうか・・・!もしかして、敦賀さん私にキスしてる!?)

「あ、起こしちゃった?」

普通に話しかけられて、起きぬけの頭は混乱してしまった。

「えっと・・・ご気分の方は大丈夫なんですか?」

とりあえず、気になっている事を聞いてみたら・・・

「最上さん・・・今の状況、把握できてる?」

(ええと・・・今の状況って・・・)

「敦賀さんのオムライスを敦賀さんが食べて、気持ちが悪くなってダウンされて・・・」

と説明すると、

「それは、ちょっと前の状況・・・だね?今、最上さんは俺に寝込みを襲われてるから」

「----は?」

もう、これ以上なく、間抜けな顔と声だったと思う。

「ねぇ、最上さん」

「はぃぃい!」

「俺、最上さんの事好きなんだ。ずっと前から凄く好きなんだ。今日、事故に巻き込まれて・・・すごく寒くて。最上さんの手の温もりで、温めてもらって・・・そしたら欲が出て・・・君の全身で温めて欲しくて堪らなくなってしまったんだ。

どうか・・・お願いだから・・・今夜だけは俺を拒まないで・・・」

敦賀さんの擦れた声が、心の中にするりと入り込んで来た気がした。

なんだかとんでもない事をお願いされた気がする。でも、もし・・・私が今、敦賀さんを拒んだら・・・本当に、彼が本当にどうにかなってしまいそうで怖い。昼間の、すべての感覚が閉じてしまった敦賀さんの姿を思い出すと、ぶるっと身震いがする。

(敦賀さんを失いたくない・・・)

「震えているね、ごめん、俺が怖いよね?でも、俺も・・・俺だって・・・」

(敦賀さんが怖くて震えているんじゃないんです!)

とっさに心が否定する。私が怖いのは・・・敦賀さんを失うこと。敦賀さんが私の側から消えてしまう、そう思うだけで心が抉られるように痛むのは何故?

(私・・・もしかして・・・)

「私が震えたのは・・・敦賀さんを失いたくなくて。敦賀さんがこんなにも大切な人になっていたんだって気付いてしまった・・・からなんです」

勇気を振り絞って正直な気持ちを答えた。私は・・・自分の今の気持ちの名前を知ってしまった。もう誤魔化すことはできない強い気持ち。

「私も、敦賀さんのことが・・・好き。・・・あなたに恋をしてしまいました」

FIN.



Agrenからキョコさんに恋心をプレゼント
プロフィール

Agren

Author:Agren
本家のストーリの進行のじれったさに、素敵な2次小説サイトを巡って熱を冷ましていましたが・・・とうとうを自分自身で妄想を開始しました。
2次は愚か、小説初挑戦です!



スキビ☆ランキング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。