スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.and Mrs. heel(4)

SIDE REN

日が落ちた街を俺達は急ぐ。

通行人達は俺の姿を目にすると驚いた様に道を空けるので、都会の人ごみの中を自分が思った以上のスピードで進む事が出来た。

(あそこの角を右に曲がってすぐだったはず・・・)

目的地まであともう少しだ、と思っていると。俺が掴んでいたセツカの手首が僅かに動き、彼女の手が俺の手首に巻きついてきた。思わず足を止め振り返る。すると、するり、と彼女の手が滑って、俺達の手と手が繋がれた。

「カイン・・・痛いよ?」

彼女が抗議したけれど、返事をする事ができない。

----手を繋いでいる

そう意識した瞬間、俺は全く別の事、父親が好きで良く聞いていた曲を思い出していた。

「I want to hold your hand」

ビートル○のヒットナンバー。愛妻家な父が、良くこの曲を聴きながら身悶えていた。

『曲の中、主人公が好きな女性に対して 「僕が君の手を握ってもいいよ、って言って?」と、お願いする詞がっ!ジュリに恋にした自分の心情そのものなんだっ・・・!私は、彼女と初めて手を繋いだ瞬間を忘れない!それはあまりに甘美で・・・(以下略)・・』

その姿に半ば呆れていたけれど、

(好きな子と手を繋ぐって、こんな・・・)

再度、繋いがれた手を見てみると、それが何かのスイッチのように、手のひらから熱が生じて、全身に回っていく。

(まずい・・・テンぱってきた・・・)

彼女と目が合うと余計に熱が上がる。俺は気付いたら・・・繋いだ手を引きよせてセツカを胸に抱きこんでいだ。

「ちょっと!?いきなり、何するのよっ、離してよっ」

暫く固まっていたセツカから、抗議の声が上がる。俺は自分の取った行動に一瞬だけ動揺したけれど、この行動はいかにもカインらしいと気が付いた。

(そういえば「I want to hold your hand」の邦題は「抱きしめたい」だったな・・・)

自分の行動との奇妙な類似点。手を繋ぎたいって事は、それ以上も期待しているって事で・・・。

「セツは・・・手を繋ぐだけじゃ不満だろう?もっと俺に触れたいだろ?」

そう言って、彼女を包み込むように抱き直して、ゆっくりと歩き出す。
もしかしたら、セツカは暴れ出すかと思ったけれど・・・意外にもそのまま大人しくされるがままなので、

「図星だな?」

と言ってやれば、

「ち、違うわよ!勘違いしないでよね!ちょっと寒かったからっ、カインはただの湯たんぽ代わりなんだからっ!!」

勘違いするな、と言いながらも、頬を染めるキョーコちゃん、いや「最上さん」って呼ばないと不信がられるから。いや、いや、いや、今は「セツカ」・・・もう誰でも良・・・くはない。

俺はとりあえず黙秘を決め込んだ。

(あぁ、俺の理性・・・持つかな・・・?)




後日談

「ツンデレっていいな・・・」
「ちょっ、蓮!?その思わず出ちゃいました的な今の発言は「敦賀蓮」のイメージダウンだから!」
「社さんは、真のツンデレを知らないからそんな事言うんですよ・・・」
「真のツンデレって何だよ!?」
「言葉はツン、行動はデレってやつですよ?」
「意味分らん、分りたくも無いけどな」
「人生損してますね」
「人生・・・そこまで言われなきゃならない事か!?」
「ええ(キッパリ)」
「・・・もう、いいよ(どうせ、キョーコちゃん絡みだろう?)」


スポンサーサイト

Mr. and Mrs. heel(3)

SIDE KYOKO

----私は、自分がいかに「危ない」仕事を任されたかを思い知った・・・

社長秘書から、ヒール夫妻として過ごすホテルの部屋の鍵を渡された。チェックインして見れば・・・そこにあったのは大きなベットが1つだけ。

(お、落ち着くのよ キョー、じゃなくて、セツカ。私達は夫婦なんだから・・・夫婦なんだからーー!)

「部屋、広いのね・・・」

私は、内心の動揺を押し殺しベットに腰かける。

「ロンドンの基準は忘れろ。日本じゃこのクラスのホテルでも、バスタブ付きが常識だ」
「へぇぇ・・・」

そう言えば、ロンドンはホテルが「高い・狭い・汚い」って・・・結構良い値段を出しても、部屋にシャワーしかなかったりする、って聞いた事がある。そうゆう所から来たなら、あと日系人だというのなら、きっとバスタブ付きは嬉しいはずだ。

「じゃぁ、早速チェックするわ」

そう言って、バスルームに私は足を向けると、敦賀さ・・・カインも付いてきた。

「ホント、バスタブがあるわ・・・」
「広いな。これなら一緒に入れそうだ・・・」
「え?」

(ちょ(っと)、い(ま)、な(んて)、おっしゃいましたかーーーー!)



<< しばらくお待ちください >> (キョーコの心の中のテロップ)



「ふん・・・風呂くらいで動揺するなんてセツは本当に初心だな。もう、何度も一緒に入っているだろう?」

固まってしまった私に対して、さらに爆弾発言を落としてカインが部屋に戻っていった。

残された私の心象風景を解説させていただくと・・・ヒール劇場と言う名前の「戦場」に立っている私は、先程の強力爆弾によって満身創痍、瀕死の重体。でも、目の前に限り無い地雷原が広がっていて、その先にある「安全地帯」が限り無く遠い!遠すぎます!!・・・な、感じです。

(私はセツカ。セツカ・ヒール。私はツンデレで、カインの愛情表現接触行為にイヤよイヤよと言いながらも、内心、喜ばなきゃいけなくて・・・)

思わず心の動揺のままに・・・バスルームでがっくりと膝を落とす。

(うぅぅぅ、何て難しい役柄なの・・・orz ....)

もし、「女房役」が「妻役」だと知ってたら、絶対にこの話、断ったのに!!
私、あれから携帯の辞書で「女房役」って思わず調べたわ。そしたら、『(妻が夫を補佐するように)補佐の立場にある人。補佐役。右腕的存在』ってあったもの!私が誤解するのは当然なのにっ!!

(もしかして、社長、ワザとですか!?ワザと私が誤解するようにっ!?)

社長には恩しか感じていない筈なのに、軽い殺意が芽生えてくる。
敦賀さんの相手役・・・特に、恋人役とか夫婦役とか、絶対にやりたくなかった。敦賀さんは相手を本気にさせる役者だから・・・私・・・怖い・・・

「セツ、いつまでバスルームにいるんだ?」
「ぎゃっ」

急に声を掛けられてビックリしてしまう。

「また、そんな格好で・・・出掛けるぞ・・・」

いまだにガックリとバスルームで膝を折っていた私にカインの手が伸びて来て・・・そのまま手首を掴まれ、私は引きずられるように夕方への街へ連れ出されていった。




ワザとに決まってるじゃないですかw

Mr. and Mrs. heel(2)

馬鹿話は書いてて楽しいですね。サクサク筆が進みます。



SIDE REN

俺が片思いする少女が隣に座っている。黒ずくめの、露出の激しい服を着て。
カイン・ヒールの妻、雪花・ヒールとしてふさわしい衣装・・・らしい。

チラリ、とその姿を盗み見れば、まるで下着のビスチェの様な・・・前を紐で編み上げるタイプのトップスからは胸の谷間が見え隠れしているし、深いスリットが入っているミニスカートでは、社長室のソファに座るとスリットが開いて・・・

(見えそうだしっ!いや、見えてるだろう!)

----白い足の付け根に少しだけ覗いている桃色のレース

俺は社長の目の前だというのも忘れ、思わず頭を抱えてしまう。

(あーーーもーーー!見えそうだしっ、いや、見たし!)

そんな俺の姿に・・・これ以上無い程、哀れなものを見る目で、しかし同時に愉悦に満ちた表情で見ていた社長の表情を、俺は頭を抱えていたため見る事は無かった。いや、頭を上げていても動揺してそれどころではないかったかもしれない。

(俺は、見ていない。何も見ていない・・・)

目に焼き付いてしまっている桃色を、何とか頭の中から打ち払おうと必死になる。だから・・・というのは言い訳だけれども、しばらく社長の話を聞いていなかった。

「分ったな蓮!」

そう言われて、はっと、我に返る。そして社長と目が合うと・・・ニヤリと笑われた。
まるで全てお見通しだと、お前、俺の話なんて聞くどころじゃなかっただろう・・・?と、言わんばかりの視線に、

「分りました」

と、答えるしかなかった。すると社長は真面目な顔になり発破をかける。

「必要最低限、仕事で「敦賀蓮」を演じる時以外は24時間カイン・ヒールになりきれよ!」
「はい」
「全力で演れ」
「はいっ!」

もちろん、言われなくてもそのつもりだ。

(例え演技であっても、人を傷つける・・・)

カイン・ヒールだって、架空の人物であるけれど・・・敦賀蓮に比べたら本来の俺・・・クオン・ヒズリに近い。クオンとして、人を傷つける演技を、演技だと割り切ってこなさなければならない。

----B.J.を何としても演り遂げたい

社長の横やりで何だか変な設定(雪花・ヒール)が加えられたけれど、だからと言ってこの気持ちに変わりは無い。

「最上さん、俺はこの役に役者人生を掛けているといっても・・・

過言じゃない、そう伝えようと思って彼女の方を見てぎょっとする。
なぜなら、そこには、まるで燃えカス(?)の様な、少しでも触るとボロボロと崩れ落ちそうな人型があったのだ。

「ど、どうした?」

思わず声をかけるけれど、返事は無い。目は虚ろで・・・でも、良く見ると微かに口元が動いていて、何かブツブツと呟いていた。

「・・・つんで・・ぶらぶ・・・」

(!? 一体、何事?)

少し冷えた頭で彼女を観察してみると、その手には一枚の紙をしっかり掴んでいて・・・いつの間に、手にしたのだろう?書いてある内容と彼女のこの態度に関係があるのか?と思い、覗きこんでみれば、


------ヒール夫妻・設定 (秘)------

雪花・ヒール:199x年生まれ、17才。日系イギリス人。母親は純日本人、父親が日系イギリス人。両親は子供の頃離婚。幼い頃に離婚を通じ、男女の修羅場を見ているので、恋愛拒否症だったが、カイン・ヒールに猛烈アタックされ落ちる。
カインに対する言葉は冷たいが、態度は甘々。露出の激しい服装は「カインの色に染まり」たいという、無言の愛情表現。カインに纏わりつかれるのを口では拒否しながら、実はスキンシップ大好き。母親に代わって家事をしていたので、家事全般が得意で面倒見が良い。

カイン・ヒール:199x年生まれ、21才。
日系イギリス人。母親がイギリス人、父親が日系イギリス人。育児放棄気味の両親の下、ローティーンからグレはじめる。喧嘩が強く、他人を半殺しにするのは日常茶飯事だったが逮捕歴はない。小さい頃に別れた幼馴染の雪花との再会を切っ掛けに更生を決意し、本格的に役者を始める。
食欲や所有欲自体は極めて薄いが、睡眠欲と性欲は旺盛。普段は寡黙で他人と最低限のコミュニケーションしかとらないが、雪花に対しては時に饒舌になる。

ヒール夫妻
カインと雪花は幼馴染。雪花が両親の離婚を切っ掛けに引っ越す事で別れるが、ロンドンで再会。カインの猛烈アタックにより再会して3ヶ月で結婚。いつでも雪花を腕の中に囲おうとするカインに対し、「ここをどこだと思っているの?止めてよカイン、もう、仕方ないわね、ちょっとだけよ?」な態度は、どう見てもツンデレで、そのラブラブっぷりに周囲は引き気味。





「・・・なんだ、これ?」

あんまりな内容に、俺は固まった。
そして、どこまで俺(達?)で遊ぶつもりなんだと、社長に抗議しようと顔を上げたけれど・・・既にそこに社長の姿はなく・・・

「逃げやがったな」

思わず口汚くなったのは勘弁してほしい。

「最上さん?こんな、社長の勝手な妄想設定は無視して、これとは別の役作りをしようね?」

まだ灰のままの最上さんに優しく問いかける。

「別の・・・?」
「そう」

なのに、びくぅぅぅぅぅ、最上さんの体がその場で跳ねあがった。それから、ぎぎぎ、とまるで油の足りない機械のようにゆっくりと、しかし確実に、俺から距離を取ろうとする。

「どうした・・・?」

そのおかしな態度を訝しんでいると。

「つ、ツンデレで結構です、どうかこのままでお願いしますぅぅぅーーーー!」

と彼女が足元で土下座を始めた。いきなりの事に、俺は土下座を止める暇も無く・・・またもや「理性の紐耐久試験状態」に叩きこまれた。

(そんな格好で土下座なんてしないでくれぇぇぇーーー!)

ちょっと、まって、お願いだからっ、俺は内心絶叫する。
正座をしながら膝前に手をつき、でもしっかりと上を向いて俺を縋るように見上げるその瞳からは涙が溢れそうで・・・。

胸の谷間が・・・スリットから桃色が、なんてレベルではない。
ビスチェは胸から浮いているし、スカートは不自然に引っ張られたため、背中に隙間ができていて・・・それを、上からまともに覗きこんでしまった俺は、俺は・・・

「分かったっ、分かったから!・・・土下座はやめ、立って、立って!」

と思わず言ってしまったのが・・・この設定が有効になった瞬間だった。



実は、最上さんが

『ヒール夫妻・設定-別案』

という別紙を社長から渡されていて、それが、元SMの女王の雪花と、隠れ下僕のカインというとんでもない設定だったとか、社長の話を聞いていないにも関わらず「分かりました」と俺が返事をしていたのが、実は社長の設定を受け入れる了承の返事だったのを知ったのは・・・また後の事。



責任者出てこい!(by敦賀蓮)

Mr. and Mrs. heel (1)

キリリク・ラブラブ結婚話(蓮の片思い風味)?です。結婚話なのは間違いないのですが、その他は・・・(汗)
『キョコさんが、カイン・ヒールを渋谷ハチ公まで迎えに行ったその後』
からのお話になります。本誌とは当然内容がズレますので、ご承知おきくださいませ。




SIDE KYOKO

----『敦賀蓮』には、一時的にではあるが完全に消えて貰うことになる

そう言って、社長が私に説明した事はこうゆうことだった。

B.J.は猟奇的殺人鬼の役柄。それを「敦賀蓮」が演るとなると・・・共演者はB.J.に対し、「春の陽射し」の様な敦賀さんの温厚なイメージを重ねてしまい、B.J.に対してどこか『安心』してしまう、のだと。

----でも監督が求めるのは、出演者が本気でB.J.に恐怖する迫真の演技

そのためには、B.J.を演じる俳優は演技中に本当に人を傷つけかねない・・・という不安を抱かせる様な人物が望ましい。だから、敦賀さんは、まず「カイン・ヒール」という敦賀さんとは全く似ても似つかない人物を演じ、その上でさらに「B.J.」の演技を重ねるのだという。

それに、観客も役者のイメージを役柄に重ねる。
B.J.を謎の俳優とすれば、監督のイメージするB.J.像がよりダイレクトに観客に伝わる事になる。

「手の込んだ「演出」ですね・・・」

今まで、そんな話を聞いた事も無かった。

「まぁ、それを監督に提案したのは蓮自身なんだが・・・」
「はぁぁ・・・徹底してますねぇ・・・」

俳優として真摯な敦賀さんの態度に・・・シャラーン・・・と綺麗な音が脳内に響いて、また「敦賀演技神」の神レベルが上がった・・・なんて馬鹿な事を考えてないで、私なんて足元にも及ばないけれど、この心意気だけはシッカリと学ばせて貰わなくちゃっ!そう決意を新たにしていると、

「そう、蓮の演技は徹底している・・・だからこそ、心配な事が一つある」

物憂げな社長の低い声が響く。

「お前は徹底しすぎて・・・カイン・ヒールという「ならず者」になりきるあまり、本当に何かしでかしそうだ・・・」

そう言って、敦賀さんを一瞥した。

「そんな心配は、無用です」

少しムッとしたように、敦賀さんが答える。でも、それを無視するように社長が続けた。

「何かあっても、社が居れば上手くコイツをコントロールしてくれるんだが・・・社をカイン・ヒールに付ける訳にはいかないし・・・」

そうして、ふぅ、とため息を吐く。
確かに、社さんならどんなトラブルも未然に防げそうだけど、カイン・ヒールのお世話を社さんがしていたら・・・不自然だ。

「別に、独りでもちゃんと出来ますよ」
「いや、無理だな」

不機嫌になった敦賀さんを、断罪する社長の気持ちが少し分かる。

だって、渋谷のハチ公前に居たカイン・ヒール氏はいかにも「さっき人を一人殺って来ました」って雰囲気で・・・きっと、カインの役中に、誰かから喧嘩を売られたら・・・気前よく買って・・・それどころか、自分から売りかねない。

(役になりきると、自然にその役の通りに心と体が動くって感覚、私にも分るもの。敦賀さんならなおさら・・・)

「だから、カイン・ヒールに「御守り役」を付けることにする。そこでだ、最上君、カイン・ヒールの女房役を努めてはくれないか?」
「「え!?」」

突然、話を振られて・・・でも、私はここに自分が呼ばれた真の目的に気が付いた。
敦賀さんの女房役・・・つまりマネージャーを努めている社さんの代打として、私は代マネの仕事を依頼されているのだ。

(敦賀さんの貴重な「二重演技」を間近でみられるなんて、なんて貴重なチャンスなの!)

私は、一も二も無くその話に飛び付いた。

「是非、やらせて下さい!最上キョーコ、誠心誠意、全身全霊でカイン・ヒールの女房役を務めさせていただきます!」
「そうか!では、この話は決まりだ!!」
「ちょっと待って下さい!!俺はこの役にっ
「やっ、だよー、最上君の件を断るならB.J.役、キャンセルしちゃうもんねー、本気だもんねー」

社長が本気なんだか何だか分らない口調で敦賀さんの言葉を遮る。
我らがL.M.Eの代表は・・・冗談みたいな外見だけど・・・演技が絡むと冗談を言わない。こんな風に、大人げなく聞き耳を持たない・・・つまり強引に話を勧める位、敦賀さんの「カイン・ヒール」が迫真の演技になる事を予想し・・・そしてその結果を危惧しているのだ。

でも、真面目に取り合わない社長に、敦賀さんが「面白そうだからって・・・たった今思い付いたって顔して、何考えてるんですか!」と食ってかかっていて・・・

(これも、いわゆる社長の愛・・・ラブミー部の仕事として相応しいわよね・・・)

蚊帳の外に追いやられた私が、そんな事をぼんやり考えていると、

「とにかく、最上君の同意も得られた事だしっ!」

勢いよく社長が立ちあがった。そして吠えた、

「ヒール夫妻の誕生だぁぁぁぁーーーー!!」

まるで獅子の雄たけびの様な声が、狭くも無い社長室に響き渡る。

----女房役というのは、文字通りの「女房」役

つまり「雪花・ヒール」という役で「カイン・ヒール」の妻として、敦賀さんの「ヒール劇場」に出演することになると・・・私が理解するのは、この10分後の事だった。





ヒール兄妹ではなく、ヒール夫妻になっちゃった、って事で。今後の展開は、本誌とは別モノ(R15orR18!?)になります。お気を付け下さい。

タイトルはMr.and Mrs. Smithより
プロフィール

Author:Agren
本家のストーリの進行のじれったさに、素敵な2次小説サイトを巡って熱を冷ましていましたが・・・とうとうを自分自身で妄想を開始しました。
2次は愚か、小説初挑戦です!



スキビ☆ランキング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。